美白をしたければむやみに角質を取らない!! 美肌を手に入れる為の注意点。

日本人の女性はシミ、ソバカス、クスミにかなり敏感で美白を求める傾向が
とても強い国だと言えます。
当然、お肌には何も無いのが美しい・・・世の女性の望むところですね。

しかし、欧米ではシミやソバカスは全く気にしていない様で
欧米ではこんがり小麦肌を好み、健康的で良いとされています。
海外の方はどれだけ紫外線が強くてもタンクトップで外出しているのを
よくみかけますね~

日本ではシミ対策や美白ケアに奮闘しています。
どれだけ気温がたかくても
帽子をかぶり、日傘をさし、肌の露出を最小限に・・・

美しいの定義は、お国柄にもよりますが千差万別と言う事でしょう~

間違いだらけの認識

当然、シミは嫌われ、美白を重視する日本の女性は平均的に
肌理が細かく綺麗です。

皮膚老化も欧米人に比べると老化速度がゆるやかで
実年齢よりも若く見られる傾向にあります。

しかしながら美白を求めるがゆえにシミの除去に異常なまでの
事をされる女性達が増えているのも現状です。

過剰なピーリング・・・

定期的なレーザー・・・
   
日々スクラブ入りの洗顔など・・・


角質を過剰に邪魔物扱いしシミを消そうとしてしまいがちですが

それは危険な事です!!

過剰な角質除去でシミは無くなる?

一皮剥ぎたい~!
シミもシワも無くなる~!
     ・
     ・
     ・

こんな事を思った事はありませんか?

お顔の表面だけを見れば剥ぐと無くなるのでは?と
思ってしまいがちですが、、、
そうは簡単に行きません。

角質を剥いでもシミは消えません!!
紫外線を浴びたり何かの刺激でメラニンが発生しても
角質に上がっていく過程で還元されていますので
透明メラニンって事です

おわかりでしょうか~
即ち、過剰な角質除去をしてもシミは簡単になくなりません
逆にお肌を弱めてしまうだけです。

 

 

角質はお肌を守る大切な役割をはたしていますよ~。

メラニンをため込まない

シミを作らない為には、当然紫外線対策は必須ですが
日常生活をしていく中では避けられないことです。

紫外線だけがシミを作る原因ではありませんが・・・

簡単に説明すると、メラニンが過剰に出てしまい上手く排出されない事で
沈着してしまうとシミと呼ばれるものになります。

メラニンを過剰に産生
    
    ・
    ・

紫外線を長期間浴び続けている
お肌に摩擦や刺激を与えている(レーザーやピーリング)
ストレスや生活サイクルの乱れ
過剰な角質除去(様々なアイテムでの刺激)

メラニンの沈着
   ・
   ・
   

メラニン色素の滞留
新陳代謝の衰え
過剰なメラニン産生で排出できない

表面に見えるシミを取り除くための過剰な角質除去は
あなたのお肌の大切な保護膜を傷め、弱めるだけではなく
皮膚老化を早めてしまう事になります。

過剰な角質除去・・・肌を傷める

年齢を重ねると、どうしても、新陳代謝が低下してしまいます。
毎日の入浴や洗顔で垢となって落ちていく角質ですが
老化と共に上手く落としきれない・・・

役割が終わった角質が居座り化粧品の浸透が悪く
肌理が乱れ、化粧乗りが悪く化粧崩れが激しい~

今では20代30代の若い方でも日常的にピーリングを
定期的にしている事が増えています。

日々のクレンジングや洗顔料でアカとなって落ちていくものですが
強制的に角質を剥離させると・・・
        ・
        ・
        ・

肌理が整わない   ・・・化粧のりが悪く、化粧崩れが早い乾燥肌や乾燥性脂性肌に傾く
皮脂膜が作られにくい・・・汗と皮脂のバランスが壊れる
超乾燥肌      ・・・角質が薄くなる事で保水力が低下
敏感肌に      ・・・肌の免疫力が低下することで、少しの刺激にも反応してしまい
             ダメージを受けやすく、アレルギーを引き起こす原因にも

            結果不健康な肌をつくります。

過剰な強制剥離や、日常的なピーリングは皮膚老化の入り口です。


美肌作りは健康なお肌から始まります。

 

The following two tabs change content below.
清水 順子
ディープセラピー®創始者/ディープセラピーアカデミー代表/ICAM特別認定専門校 運営 及び ICAMエステティック認定講師 世界基準の美のサポートをしたいエステティシャンの育成。技術・知識・メニュー・化粧品・ライセンス等トータル的に提供しています。

関連記事

ユーザーの皆さまへ

サロンオーナーの皆さまへ

最近の記事

Youtube

PAGE TOP