春のお肌のお手入れポイントは?

 

寒い冬から暖かい春へと季節が変わっていくなか、
自然界も芽吹く時期であり、ひとの体内も外部環境に適応しようと、
新陳代謝が活発になり、ホルモンの分泌も盛んになります。

また、お肌の状態が外界の異物や刺激に敏感になり、
かゆみ、湿疹、かぶれ、乾燥などの肌トラブルを引き起こしやすくなります。

お肌をいろいろなトラブルから守るためには、
毎日の正しいお手入れがキーポイントとなります。

春のお手入れのポイントは?

お肌に付着した刺激物をまずは落とすことがスキンケアの基本であり、
何よりも重要なポイントです👆

POINT!!
敏感になっているお肌に優しい洗顔料
美肌作りはまず、洗顔からと言われるほど重要なポイントです。
一日中お肌にのせているメイクや そこに付着しているホコリや排気ガス等々
綺麗に汚れを落とすことが重要です。

しかしながら汚れを一生懸命に落とす=ゴシゴシではありません
優しく丁寧に素早く落とすことが、お肌に負担をかけません。  
但し、洗顔料は何でも良いわけではありませんので注意が必要ですよ~!(^^)! !(^^)!
自分のお肌に合った洗顔料選びがお肌のベースをしっかり整えてくれます。

洗顔の目的とは・・・

1.お肌の環境を清潔にする
 お肌に付着している汚れや余分な皮脂、古くなった角質を取り除く。
 しかし過度の強い洗浄は摩擦、乾燥などお肌にとってのストレスを引き起こします。

2.化粧水の浸透を高める
 お肌にとっての栄養分を導入しやすくするための経路をつくるものが化粧水です。
 毛穴がつまっていたり、ふさがっていると化粧水を浸透させることができません。

 お肌に優しい洗顔料の条件 
             ★洗浄力が高い順★
オイル > リキッド >クリーム >ジェル >ミルク と言われています。

 

★低刺激で負担の少ない自然由来の成分が配合されたもの

★きめ細かな泡が立つもの、洗い上がりに潤いを与えるタイブ

  ↓ おススメはコレ ↓

     ボタニカル
    クレンジングミルク

Real Proシリーズ クレンジングミルク (詳細を見る)
~エモリエント効果のあるお肌に負担をかけないミルクタイプ~
メイクやお肌の汚れを素早く乳化させ、お肌を優しく保護しながら
素早く落としてくれます。
保湿効果に優れたミルクタイプの洗顔料で外的要因などから疲れたお肌を
リセット!!

      ボタニカル
    ディープクレンジング

Real Proシリーズ ディープクレンジング (詳細を見る)
~毛孔内の老廃物、余分な皮脂や角質を整え、皮膚を清潔にし
 皮膚循環を助けてくれるジェルタイプクレンジング~
★こんな時にご使用ください★
*毛穴の中の老廃物や皮脂を綺麗に洗浄
*ブラックヘッドや毛穴の詰まりを除去
*皮膚循環を良くしたい時

優しい洗顔のしかた

 

 

お肌の汚れを落とすことがスキンケアの基本ですが、
ただ落とせばいいだけではなく、
洗顔のしかたでお肌の調子は大きく変化します。

「ていねいに優しく」・・・ 汚れを浮きたたせお肌は活性。
           
「適当にゴシゴシ」 ・・・  お肌を傷めつけ、皮脂を取り過ぎてしまい
               洗顔後の乾燥度が高まり
ストレスを与えることになります。

🌸  毎日が分岐点と考えてください。

女性の美しいお肌は命です!
ていねいに優しくを毎日積み重ねていくことで、
少しずつあなたのお肌は変わっていくのです。5年先 10年先を見据えて・・・

① メイク落とし

メイク落としは、汚れを素早く乳化させ、洗い流せるタイプがお肌にやさしいです。
ミルクを手に取り、お顔全体にのせ、やさしくローリングさせて指先が軽くなったら
乳化完了です。すすぎはぬるま湯(30~34℃)で、やさしくすすいでください。
※冷水だけですすぐのはNG!皮脂汚れが落ちにくいだけではなく、毛穴が締まってしまいます。

② 洗顔料

キメ細かな泡を作り、お顔にのせます。
泡をクッションにしながら、やさしくお肌に触れる。
皮膚が動かない程度の弱い力加減で摩擦を防ぎます。
泡で、古い角層や毛穴の汚れを吸着させ、ぬるま湯(30~34℃)で洗い流します。

⚠  高温、冷水は危険!!  理想の湯温 32℃
   ※入浴中の洗顔は湯温が高くなりやすいので注意してください。

洗い流しは、流水のぬるま湯で、やさしく泡を消すイメージで落としていきます(シャワー)。
洗い残しやすい髪の生え際や、フェースラインも念入りにすすいでいきます。

洗顔後のポイントは? 

タオルでゴシゴシは、もちろんNGです!     

やさしく水分をタオルに吸い込ませるイメージで行ってください。

       

洗顔直後のお肌の状態は・・・

洗顔後の皮膚の表面は、一時的に「アルカリ性」に傾きます。

お肌は洗顔後一時的にアルカリ性に傾いても、それを中和させ、
本来の弱酸性に戻す力があります。
それを「アルカリ中和能といいます。
加齢やダメージを受けたお肌は「アルカリ中和能」が低くなります。
アルカリ中和能が高い健康なお肌は弱酸性をキープしています。

  ★酸性      脂性肌
  ★弱酸性     皮膚表面の理想的なpH値 (pH4.5~pH6)
  ★アルカリ性   乾燥   

洗顔後、アルカリ性に傾いた皮膚表面を素早く弱酸性にするために
洗顔後 すぐにスキンケアをはじめましょう 👆

 ボタニカル 
   ケアーローション

Real Proシリーズ ボタニカルケアローション
~保湿作用に優れ、皮膚刺激や火照り、赤みをおびた肌を
素早く落ち着かせ、疲れた肌を正常化させます~

★洗顔後はすぐに ↓

たっぷりの化粧水でお肌に水分を与える。
美容液で水分を逃がさないように閉じ込める。
クリームやマスクで肌から水分が蒸発しないようにフタをする。

敏感になりがちなお肌を乾燥と刺激から守ることができます!!

 

The following two tabs change content below.
清水 順子
ディープセラピー®創始者/ディープセラピーアカデミー代表/ICAM特別認定専門校 運営 及び ICAMエステティック認定講師 世界基準の美のサポートをしたいエステティシャンの育成。技術・知識・メニュー・化粧品・ライセンス等トータル的に提供しています。

関連記事

ユーザーの皆さまへ

サロンオーナーの皆さまへ

最近の記事

Youtube

PAGE TOP